賃貸を経営するなら知っておきたいこと

相談

賃貸物件を経営する場合、家主は自分、もしくは管理会社によって家賃を回収することになり、その家賃が利益となります。しかし入居している人の状態によっては、もしかしたら家賃をなんらかの理由で払えなくなってしまうこともありえます。その場合、まったく家賃を回収できなくなってしまうと、その分は家主の損失となってしまうのです。しかし賃貸保証会社を利用すれば、入居者の代わりに家賃を払ってくれるので、家賃が回収できないということにはなりません。利用に際しては利用料を払う必要はたしかにありますが、それを利用すればもう入居者に連帯保証人を求める必要もなくなります。だから入居できる人を増やすことにもつながるので、結果的に空室を作らずに済むことにもつながります。

家賃を回収できないことにならないために

家賃を払うのは賃貸物件に入居する際は当たり前のことですが、中には全く払ってくれない人も出てくる可能性があります。その場合、家賃を回収できなければ家主にとっては損失がどんどん増えていってしまうことにつながります。賃貸保証会社を利用すれば、もしも家賃を払ってくれない人が出てきたとしても、その人に代わって家賃を払ってもらえます。だから安定した収入がある状態で賃貸物件を運営するためにも、賃貸保証会社を利用することは決して少なくありません。また、賃貸保証会社を利用すれば、家主による入居者に対しての家賃の催促をする必要もなくなります。従って、出来るだけトラブルを起こすことなく安定した状態で賃貸を経営したいという目的でも、賃貸保証会社を利用することは可能です。

保証人を用意しなくてもよくなる

賃貸物件に入居数時は、もしかしたら家賃を払えなくなってしまう時のために、連帯保証人を用意しなければなりません。しかし核家族化が進み、簡単には連帯保証人を用意することができない人も多くなっています。その場合、本来は支払い能力があるにもかかわらず、連帯保証人を用意できないだけで賃貸物件に入居できない人が出てきてしまいます。賃貸保証会社を利用すれば、連帯保証人を用意しなくても賃貸物件に入渠することができるようになります。したがって、連帯保証人を用意できないから賃貸に入居できない人に対しても、賃貸に入居できるチャンスがますということにもつながります。だから、結果的に入居者に対する条件を緩和することにもつながるため、該当する賃貸物件の空室率を最小限にすることにもつながるのです。したがって、出来るだけ空室を出さないためにも、賃貸保証会社は利用し、活用することができます。

広告募集中